スポンサードリンク

2007年10月06日

プラグインハイブリッドカー

いくつかあるハイブリッドエンジン方式の1つで、家庭用電源(プラグ)からの充電に対応した自動車。

普通のハイブリッド車は、電気によるモーター走行とガソリンによるエンジン走行を、それぞれの走行条件によって自動的に切り替えて適宜使い分けている。

プラグイン方式の場合は、充電した電池からの電気で走行をする。コンセントに接続することによって電池を充電する方式が一般的である。
充電に夜間電力を利用すれば燃料代を安くすることができ、ユーザーにとっては負担が少なくてすむ。

電気で走る分、ガソリンの使用頻度が減るので、二酸化炭素(CO2)の直接排出も減らすことができる。
自動車メーカーはハイブリッド車の開発に懸命になっているが電池の軽量化を図ることによって、充電式電池とガソリンによる走行の自動車を目指している。
posted by エコマル at 01:28| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。